薬剤師の転職、公務員薬剤師に転職し、高年収と福利厚生で、ますます充実です。

2017年10月26日

● 薬剤師の転職を、公務員薬剤師に転職し、高年収と福利厚生で、ますます充実です。

こんにちは、中島です。男性薬剤師のあなた、もっと自分のこと評価してもらえる職場に移動したくないですか? あなたの能力は、まだまだ、出し切れていませんね。

薬剤師のあなたに、仕事しながら、登録しているだけで転職先の、案内がきます。

・調剤薬局

・ドラッグストアー

・病院(院内、院外)

・製薬会社

・公務員(国公立病院、保健所、地方厚生局など)

調剤薬局とは、どんなことをする場所か?

調剤薬局とは、患者さんが、病院で処方せんを受取るところ。

薬剤師は、処方せんを基に、適切なくすりを、そろえます。

患者さんに、くすりの飲み方を詳しく説明してお渡しする薬局のことです。

・調剤の出来るまでの流れ

・処方せんを受け取る

病院の受付で、受け取る書るい。受け取るくすりが、書かれています。具体的には、飲みぐすり、塗りぐすりなど。薬局で、くわしく説明してくれるので安心ですね。

・処方せん監査を行う

処方せん監査とは、正しく作成されたか、確認するお仕事です。

数字ミスや他人と、まちがってないかを、くわしく調べます。

・調整を行う

調整とは、処方せんをもとに、適度な量のくすりを用意。たくさんの医薬品を、まぜたり、小さく砕いたりします。患者のくすりが、飲みやすいように、薬剤師が加工を行います。

・調剤薬監査を行う

調剤薬監査とは、別の薬剤師が、ミスの有無を確認する。

最近は、コンピューターのシステムを使用する。不具合もあることから、調剤薬かんさは、人の手で必ず行います。

・患者に医薬品を交付する

交付とは、患者に調剤薬を、ミスがなく渡すこと。

そして、姓名をそろえた上で患者の、本人確認を行うこと。

・ドラッグストアって、どんなとこ?

ドラッグストアとは、一般医薬品の販売が中心です。健康・美容品、日用品や生鮮食品以外の商品があります。そのような物を、取りそろえた小規模なお店です。

・病院って、どんなこと?

病院とは、日本で一定規模以上の、施設を病院と呼びます。

ベット数20個以上の入院施設の事です。ちなみに19ベット数以下は、診療所と呼びます。

・製薬会社って、どんなとこ?

製薬会社とは、医薬品を、作る会社のことです。おもな仕事は、くすりの開発・研究。新薬の開発には、莫大な費用がかかります。製薬会社は、大規模な企業が多いです。

・薬剤師の仕事は、どんなイメージですか?

薬剤師は、患者にくすりをお届けする。製薬会社は、新薬開発をしています。生命を守るため、臨床試験をされている。

あなたらしい職場のために、転職は、1つの強い味方です。

薬剤師の転職で、ワンステップ上を狙うためにはどうしたらいいのか?

特定の専門分野において、十分な知識と技術を、持って質の高い業務を実践している。

薬剤師は、一定の研修参加や試験合格といった実績を上げた薬剤師には、団体から各種認定証が発行されています。

・がん専門薬剤師

平成22年より日本医療薬学会に移管、制度内容そのものを改革し、臨床能力を重視する資格なる。

同年5月、厚生労働省医政局から、「広告が可能な」専門資格として認められました。

・感染制御専門薬剤師

感染制御認定薬剤師あるいは、ICD制度協議会が認定する、インフェクションコントロールドクターの資格があり、学会発表を行っている方に受験資格がある。

認定薬剤師以上の知見と指導力が求められて、ICDでの活躍も望まれています。

・HIV感染症専門薬剤師

HIV感染症薬物療法認定薬剤師の資格があり、学会で発表を行っている方に、受験資格があります。HIV感染症のスペシャリストでチーム医療にへの情報提供をする。

予防策は、保険薬局や教育現場との連携など、幅広い活躍が期待がされています。

・プライマリケア認定薬剤師

プライマリケアとは、国民の健康や病気、福祉について、総合的、継続的な医療を実践しようという概念。少子高齢化社会にあって、注目される医療の在り方です。

薬剤師は地域医療の担い手、健康相談などの窓口として、期待されています。

・公認スポーツファーマシスト

最新のドーピング防止規制に関する正確な情報提供。知識を持つ薬剤師として、競技者や指導者への、薬の使い方に関する情報提供や啓発活動。学校教育現場においても、情報提供や啓発活動を期待されています。

2020年の東京オリンピックが開催されます。アスリートとしての健康維持と、日ごろからドーピングに関する知識得て行くこと。

身近な存在として、公認スポーツファーマシストが、クローズアップされます。

・サプリメントアドバイザー

2002年厚生労働省は、「保健機能食品等に係る、アドバイザリースタッフの養成」についてのガイドラインを発表。栄養による健康維持への、興味が高まる中、サプリメントに関する正確な、情報提供や消費者への啓発をうながすサプリメントアドバイザーには注目が集まっています。

「健康食品」の持つ成分の機能、その必要性、使用目的、活用方法などについて、理解し正しく情報を提供できる身近な助言者なります。

アドバイザリースタッフが民間団体より、養成され様々な場で活用されています。

奥様のご主人が、薬剤師の場合が、ありますね。家族のため、高収入や厚待遇のために、転職を考えている人がいます。

フツーは転職と聞くと、あまりいいイメージではありません。

医療職の転職、薬剤師もですが、ほかの業界とは少し、事情が違います。キャリアアップのため転職が多い世界なのです。

また、ブラックな職場も、少なからずあることから、狭い世界で、人間関係のいざこざも、結構あります。

薬剤師の転職が2、3回程度で、履歴書が汚れるているとは、思われません。

雇う側からすれば、上に書いたようなこと。薬剤師として、勉強して視野を広げるために、転職すること。極度におかしい薬局、ブラックな薬局、変な薬剤師も少なくないから、そこから逃れる転職はアリなのです。

ストレスに関しては、胃潰瘍で、嘔吐するまで、辞められなかった、という話もありますからね。

同じ場所に留まることだけが、キャリアを積む方法ではなく。様々な医療機関に、身を置いて修行する。そのスタンスは、ポジティブ薬剤師の転職には、たくさんある世界です。

1つの環境しか、知らない視野の狭い人も多いし、その人次第では、逆に箔が付きます。

・公務員薬剤師の仕事と給料について

公務員薬剤師ですが、身近にある国公立の病院、保健所などです。テレビのニュースでしか聞かない、麻薬Gメンは麻薬の検査、監視など、ほかに薬物乱用の啓蒙活動など、薬剤師の仕事です。

公務員薬剤師だから、「給料よさそ~」というイメージがありますね。そこで実際はどうなんでしょう。

公務員薬剤師の初任給は、民間の病院や調剤薬局に、比べて低く抑えてあります。

公務員薬剤師の給与は国で決まっています。国立病院の薬剤師の初任給は、「2級15俸級」と決めてあります。

ちなみに、人事院勧告からみると、初任給は200、800円となります。

また、民間勤務の薬剤師の初任給の平均は、264、000円になつています。初任給にかぎっていうと差があります。

しかし、公務員のいいところは、月給は勤務年数を重ねると、順調に伸びます。一般的に30代までは、民間企業より低いです。

そこから40代になると、徐々に民間の平均月収を上回ります。公務員薬剤師も同じようになっていきます。

薬剤師の転職、公務員薬剤師に転職し、年収アップと福利厚生が、ますます充実です。