薬剤師の転職、女性の職場でストレス気味な仕事と、育児真っ最中の家庭と両立できる派遣です。

2017年9月23日

● 薬剤師の転職、女性の職場でストレス気味な仕事と、育児真っ最中の家庭を両立できる派遣です。

こんにちは。中島です。ママ薬剤師のあなたは、仕事と育児のうまく行ってますか?

求人倍数が、バブル期越え 4月1.48倍43年ぶりの水準になりました。(日本経済新聞より)

いい人材がくる会社は、働き方にある。ますます先が楽しみですね!

カンタンに言えば、求職者1人に対して1.48の会社の求人があること。ちょっと前の2000年ごろはとても不景気でしたね。その頃は0.5倍の求人でした。

3倍になるくらい会社は、人を求めているのです。要するに人材不足に入っているいます。

ママ薬剤師は、今の職場に満足されていると思います。それは、交通機関だったり、職場のスタッフだったり、または、調剤薬局ならお客さんと仲良くなり、笑顔で毎日の業務をされていますね。

そこで、求人倍数がバブル期越え 1.48倍 仕事がふえることは、日本が活発になりますね!

ママ薬剤師さんは、夕方からが忙しいのです。残業を、やっている時間は、ほぼありません!

先ずは、ママ薬剤師の小さいお子様のお迎え。スーパーで買い出し。その後、自宅に帰りご主人の晩酌の用意をする。お子様用は、大人との食事が違います。可愛く彩りも明るいものに、一工夫しなければ食べてもらえないです。。

ママ薬剤師は、夕方の時間に余裕はありますか? たかが、30分でも貴重な時間ですね。働き方改革とか、最近のテレビのニュースで耳にします。

ママ薬剤師には、紹介予定派遣という、お得感のある働き方があります。

紹介予定派遣というのは、先ずは、あなたが希望先の職場に、一定期間派遣されます。

最長で6ヶ月の期間派遣スタッフとして就業し、雇用されることが前提とした派遣契約です。

派遣期間終了後、派遣先と両方が合意すれば、晴れて正社員・パートへ切り替わります。

これなら、納得した形で就職ができます。あなたは、生き生きと仕事に打ち込めますね。

薬剤師の転職、ママ薬剤師は、家族からのたくさんのストレスから解放です。