薬剤師の転職、貴方の転職の幅が広がるのは紹介予定派遣にあります。

2017年7月2日

● 薬剤師の転職、貴方の転職の幅が広がるのは紹介予定派遣にあります。

こんにちは、中島 俊裕です。薬剤師の転職について

病院薬剤師の働き方について

病院薬剤師は、調剤や服薬指導だけでなく、注射剤の混注、薬物治療モニタリング、DI、薬品管理などあります。

そのため、幅広い業務を、通じて専門性を高めることができます。

安全で効果的、薬物治療を行い、医療チームの一員で、医療の現場で、働くことが特徴です。

病院薬剤師の業務は、大きく6つあります。

調剤(外来調剤/入院調剤)

服薬指導

③注射剤の混注

TDM(薬物治療モニタリング)

DI(ドラッグインフォメーション)

薬品管理

勤務先の状況で、薬剤師の業務内容も異なり、経験できることや、やりがいも変わってきます。

病院は、ベッド数(病床数)や運営方法により、呼び方が異なる。診療科や患者さんの症状の違いにより、3つのタイプ(急性期型、療養型、精神科)に分けられます。病院の種類や特徴をご紹介します。

病院の種類

病床数は、規模を表す最も一般的な、指標とも言われます。病院の機能も、病床数が区分けとして、使用されています。20床を境に、病院と診療所は区切られてます。また、病院の中でも200床の数字が、よく使われます。

以前は、総合病院制度がありました。病床数100床以上、内科・外科などの5科以上を置くことなどが総合病院とされていました。

現在は、そのような基準に、関わりなく総合病院という名前をつけることができます。

病院:病床数が20床以上の場合

診療所(クリニック):病床数が19以下

薬剤師の転職、あなたの幅が広がる選択がある紹介予定派遣です。