薬剤師の転職、転職したい人!敏速な行動が転職に有利にできる。

2017年7月17日

● 薬剤師の転職、転職したい人!敏速な行動が転職に有利にできる。

こんにちは、中島俊裕です。薬剤師の職場を、そろそろ転職したい人へ

薬剤師の転職で、ワンステップ上を狙うためにはどうしたらいいのか?

特定の専門分野において、十分な知識と技術を、持って質の高い業務を実践している。

薬剤師は、一定の研修参加や試験合格といった実績を上げた薬剤師には、団体から各種認定証が発行されています。

・がん専門薬剤師

平成22年より日本医療薬学会に移管、制度内容そのものを改革し、臨床能力を重視する資格なる。

同年5月、厚生労働省医政局から、「広告が可能な」専門資格として認められました。

・感染制御専門薬剤師

感染制御認定薬剤師あるいは、ICD制度協議会が認定する、インフェクションコントロールドクターの資格があり、学会発表を行っている方に受験資格がある。

認定薬剤師以上の知見と指導力が求められて、ICDでの活躍も望まれています。

・HIV感染症専門薬剤師

HIV感染症薬物療法認定薬剤師の資格があり、学会で発表を行っている方に、受験資格があります。HIV感染症のスペシャリストでチーム医療にへの情報提供をする。

予防策は、保険薬局や教育現場との連携など、幅広い活躍が期待がされています。

・プライマリケア認定薬剤師

プライマリケアとは、国民の健康や病気、福祉について、総合的、継続的な医療を実践しようという概念。少子高齢化社会にあって、注目される医療の在り方です。

薬剤師は地域医療の担い手、健康相談などの窓口として、期待されています。

・公認スポーツファーマシスト

最新のドーピング防止規制に関する正確な情報提供。知識を持つ薬剤師として、競技者や指導者への、薬の使い方に関する情報提供や啓発活動。学校教育現場においても、情報提供や啓発活動を期待されています。

2020年の東京オリンピックが開催されます。アスリートとしての健康維持と、日ごろからドーピングに関する知識得て行くこと。

身近な存在として、公認スポーツファーマシストがクローズアップされます。

・サプリメントアドバイザー

2002年厚生労働省は、「保健機能食品等に係る、アドバイザリースタッフの養成」についてのガイドラインを発表。栄養による健康維持への、興味が高まる中、サプリメントに関する正確な、情報提供や消費者への啓発をうながすサプリメントアドバイザーには注目が集まっています。

「健康食品」の持つ成分の機能、その必要性、使用目的、活用方法などについて、理解し正しく情報を提供できる身近な助言者なります。

アドバイザリースタッフが民間団体より、養成され様々な場で活用されています。

薬剤師の転職、転職したいあなたに必要なことは敏速な行動です。