薬剤師の転職、あなたが転職するなら軽快な行動!転職に効果的になる。

2017年7月2日

● 薬剤師の転職、あなたが転職するなら軽快な行動!転職に効果的になる。

こんにちは、中島俊裕です。薬剤師の転職について

病院のタイプ

急性期型病院一般的な意味での病院です。病気を発症したことで、急激に健康が失われて、不健康になった場合に、かかる病院のこと。

病気の進行を止め、回復が見込める目処を、つけるまでの医療を行うこと。

それを、目的としているため、目安となる在院日数は、14日間です。また、病気の症状が変化しやすく、患者さんの入れ替わるスパンが、短いことが特徴です。

療養型病院

期間にわたって療養が、必要な慢性疾患の患者さんを、対象とした病院です。

患者さんの療養期間が長いので、長期的に同じ薬剤を、投薬し続けること。

在院期間が年単位となることが多いです。そのため、難病・特定疾患などを、扱うケースや治験や、委託研究もあまりありません。

精神科病院

薬物治療を行うことが難しいケースが多いです。そのため、薬物治療の経験と知識だけでなく、精神科領域の臨床に、関する専門性を持ち合わせています。

精神科専門薬剤師を目指したり、精神科領域の薬剤師としての、専門性の幅を広げられます。

大学病院

主な活動として、治療と教育と研究が目的になっています。薬学部もその方針になっています。

それに対して、市中病院は、第一が地域医療に貢献するということです。

実際は病院でも違いがあります。現実に、市中病院はベット数の規模による違いが大きい。

大学病院の利点とは

・症状が多い、研修指定になってたり、マンパワー余裕もあり、専門薬剤師の資格が取りやすい。

・博士号を在職のまま、社会人博士号で取ることの便宜を図ってもらえることが多い。

・研究などの見えないノルマ?など、勉強し続けなかれば、居られない所でもある。

・女性の薬剤師として、生き残るのは難しい。女性の場合、家庭と両立でキビしいかも。

これらの事で、女性薬剤師は資格を取り、ライフプランに合わせ、一般病院に転出するのが多い。

薬剤師の転職、貴女にちょうどいい職場の転職。