薬剤師の転職、薬学部の大学で、6年間しっかり学んで、国家試験で合格する。

2017年11月5日

 薬剤師の転職、薬学部の大学で、6年間しっかり学んで、国家試験で合格する。

こんにちは、中島です。もうすぐ、薬剤師国家試験がありますね!

・薬剤師の国家試験

・薬剤師の条件

・薬学部74校

・薬学部を目指す

薬剤師の国家試験は、薬学部を卒業する、または見込みの人は、薬剤師国家試験を受験します。

年に1回しか行われていない。不合格のときは、また翌年受験することになる。

受験内容は「物理・化学・生物・衛生・薬理・法規・制度・倫理」から出題。

薬学について幅広い分野からの問題がでる。

全国の試験会場は、おもに、北海道・宮城・東京・石川・愛知・大阪府・徳島・福岡です。

合格率は、例年平均で70%から90%になっています。無事に合格して申請する。

厚生労働省の薬剤師名簿に登録され、薬剤師免許が与えられます。

大学の薬学部は、6年間の薬剤師養成課程をすべて終わること。

薬剤師になるには、それが、一番の条件になります。

薬学系の学部を、設置している大学。それは、全国に74校です。「国立14校」「公立3校」「私立57校」といろんな大学があります。

北は北海道の石狩、南は宮崎の延岡まで、全国の都道府県に薬学部を設けてあります。

薬剤師をめざす人は、全国にある薬学系の大学に、入学することです。

勉強は、たいへんでしょうが、目標のために頑張ってやってください。

薬学部では、6年間の薬剤師養成課程で、必要な学問を学びます。

大学では、「有機化学」や「生物化学」「薬剤学」「免疫学」など授業から調剤薬局での実習まで。薬学に関する幅広い知識や技術を身につけます。

このような、6年間の薬剤師養成課程を卒業した人。または、卒業見込みの人だけに、薬剤師の国家試験の受験資格が与えられます。

平成18年4月から、6年制の養成課程に変更。国家試験の受験の条件です。

これから薬剤師を目指す人は、必ず6年間の養成課程が必要です。それに伴い、学費の総額が、他の学部より高額になることにも、注意が必要です。

これからのあなたの将来は、希望に満ちていることでしょう!

進路は、親御さんと、充分話し合って決めてくださいね。

薬剤師に合格した人、貴方の学んだことを実践してくださいね。