薬剤師の転職、スキルアップの転職は、個人のスキルの目的をハッキリしてみる。

2017年8月27日

● 薬剤師の転職、スキルアップの転職は、個人のスキルの目的をハッキリしてみる。

こんにちは。中島です。薬剤師の職場の環境は、快適な中で仕事されています。設備はいい。冷暖房完備で、汗など流れない。爽快な、気分の毎日ですね。

しかし、これから先、あなたのスキルアップは、出来るでしょうか?

スキルアップを求めた転職は、磨きをかけたい、スキルにピッタリの職場に身を移すこと。効率よくスキルを吸収できる。同時に、資格取得への学習も行える職場。

例えば、調剤のスキルを、磨きたいのであれば、薬剤の知識をさらに深めること。

ミスが絶対に起こらないようにする。精度を上げていくことも、必須の条件です。

転職をするにしても、「なんとなく」で職場を選んでは、意味がありません。

転職は人生の大きなチャンスの機会、最高の転職を目指しましょう。

薬剤師のあなたが、転職する時の、条件は、なんでしょうか?

・高収入になるには。

調剤薬局について。年収700万以上は薬局長、管理薬剤師になること。

地方の人材不足の薬局なら、特になれる、チャンスはでてきます。

しかし、薬局長や管理薬剤師は、誰でもなれる、ポジションではないのです。それは、人を見る広い視野と、ものごとを、客観的にすぐ判断できる。

また、部下のココロを、うまくつかみ、使いこなす手腕がある。

コストの意識を持ち、経営感覚があるかなど、個人の持つ能力がないと、中々なれないのです。しかし、出身大学については、関係ないです。

むしろ、マイナスに働きかけることも、あるかもしれません!

毎年のように、調剤薬局に、就職してくる。国公立大学出身の薬剤師たち。

使えない割に、変にプライドだけは高く、患者さんとトラブルも、多く発生しています。

過疎地の調剤薬局に行けば、年収700万オーバーありますが、仕事はきついです。

一般薬剤師は、450万~600万程度です。もっと、アップするには、管理薬剤師になることです。

・扶養の範囲で働くには。

総合病院の院外薬局は、午前中に業務が集中します。パート薬剤師の需要はあります。

子どもがいると、急に休まれると、困るからと言われたりします。あと、週に1、2日でも早退してもいいと書いてあった。

しかし、面接に行くと、もっと出勤できないと困ると、言われました。人手不足な薬局では、柔軟な対応が、できなくなります。

そこで、ここからが本題です。扶養の範囲というのは、よく言われる103万円(所得税の扶養の範囲)の場合と、130万円(健康保険の扶養の範囲)の時がありますね!

薬剤師は、国家資格の専門職です。ですから、時給の単価は、高く設定されています。

仮に、時給1000円で計算してみましょう。まず、1000円 X 1日4時間 X 週5日 X 年間52週=104万円です。簡単に、103万円を超えました。

月の収入の金額を、8万から9万以内に、押さえれば、税法上の扶養範囲になります。

週換算にすると2万円。時給2000円として、週の労働時間は10時間です。1日の労働時間を、午前中のみ3時間としたら、週3日までなら範囲内です。

薬剤師の時給は高額です、いつの間にか、扶養の範囲を越えます。配慮が必要ですね。

・認定薬剤師の資格支援制度がある など。ありますね。

それには「自分が、吸収したいスキルをハッキリする」これが転職の基本になります。

まずは、あなたの時間に応じて効率よく探せるのか? 比較できる、薬剤師専門の転職サイトを、使ってみてください。薬剤師の転職に特化したサイトです。

全国47都道府県に対応です。職種、求人は驚きの8万件以上、質、量ともに豊富です。

今後のスキルプランについても相談できます。登録の利用は無料です。

薬剤師の転職、スキルアップの転職でやりがいのある、職場に転職するには、こちら!